地域活性化協会

地域の活性活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エコ生活で人間らしさを感じましょう

自然の中での生活、体と環境にやさしいエコ生活


地球にやさしい、をもう一歩超え、積極的地球環境改善商品を取り扱うエコロジー

 都会の生活では、どうしても自然からの恵みを得られません。ですから、どうしても、店頭に並んだおすすめ品
を買って利用してしまいます。でもそれは化学製品が圧倒的であり、身体には決していいものではありません。

 長生きの条件は身体の自由が出来て生活ができることであり、そのためには常日頃身体に負担をかけないことです。化学物質は目的は1つで、その反動は生物に少なからず悪影響として出てくることは必置です。

 そして、川・湖・海を人間の生活圏から奪った家庭から出る汚染水、ヨゴレのない、魚の棲める元の川に戻すためには、我々1人1人がその努力をすることが必要ではないでしょうか。

●排水時の注意点 
 私たちは1日200リットル(台所・風呂・洗濯150リットル,トイレ50リットル)の水を排水しています。河川のよごれのうち、生活排水の占める割合は約7割と非常に大きいものとなっています。
 誤って味噌汁1杯(200ml)を河川などに流したときにフナやコイが住めるくらいきれいにするには、7,000倍の量の水 1,400リットル必要とされています。(牛乳200mlでは、3,000リットル,使い終えた油200mlでは、40,000リットル)

 ○私たちの日常生活で最低限、気をつけたいところは?
  ①風呂の残り湯を洗濯に使う。
  ②台所では、三角コーナーや排水口にろ紙を使う。
  ③天ぷら油やよごれた食器は紙で拭き取ってから洗う。
  ④米のとぎ汁は、樹木や畑にまく。
  ⑤洗剤及び石鹸の使用量は適量とする。

●水の環境問題
 遺伝子を変異させる物質、ダイオキシン。発ガン性物質、トリハロメタン。このような様々な物質が水を汚染しています。水質汚染によって、私たちの生態系が犯されつつありますがその原因は、私たち自身にあるようです。

●水質汚濁の原因とは 
川や海の汚染の約70%が家庭からの生活排水が原因だと言われています。その中でも、台所からの汚染が約40%を占めます。生活排水は下水道で処理されたとしても、元のきれいな水に戻るには、すごく時間がかかるのです。ほんの1ccの油を魚の住める水質までに戻すには、約200リットルもの水が必要だと言われています。人口の増加に伴って、水の汚染と利用量 の増加は避けることができないことです。だからこそ、私たちの手で守っていかなければならないことがあるのではないでしょうか。

■私たちにできること 
 汚れた水を浄化することも大切なことですが、それ以上に「水を汚さない」、「水を節約する」ことが重要です。そのためには、以下のことをヒントにして、自分にできることを考えてみてください。
1)水の危機を知る
 水を汚染し、ムダ使いしているのは自分自身なのです。
2)徹底した節水を心がける
4R(やめる、減らす、再利用する、再資源化する)が基本。
◆頻繁に水道の蛇口を締める。
 トイレ、歯磨き・洗顔、お風呂など、洗い流すとき以外は蛇口を締めましょう。
◆節水コマをつける。
 節水コマは、水道管に挿入する節水用部品で、水量が約半分になります。
◆トイレのタンクに栓をしたビンなどを入れて、タンクに貯まる水量を少なくする。
◆トイレの水を消音のために使わない。
◆お風呂の残湯を洗濯・トイレ・庭の水まきに利用する。
◆洗車をやめる
 ヨーロッパではほとんど洗車はしていません。
3)料理くず、食べ残しを流さない。
 先進国で生活している私たちは、買ってきた食べ物のうち30~40パーセントを生ゴミとして捨ててしまっています。また、これらを配水管に流すとつまりの原因になるだけでなく、水汚染の大きな原因になります。
4)洗剤・石ケン・シャンプーの使用量を少なくする。
 汚れの落ちが悪いからと、石ケンをたくさん使うのでは意味がありません。環境に良いものであっても、必要最小限の使用にとどめることが必要です。今でも、世界の8割の人は石ケンを使っていないのです。
5)化粧品の使用を最小限にする。
 日本だけでも年間36万トンもの化粧品が使われ、洗顔時に流れ出ています。
6)米のとぎ汁を植木や庭の植物にかける。
7)雨水をタンクに貯めて、トイレの水や洗車用に使う。
 本来「雨水」は蒸留水であり、非常にきれいで安全な飲み物のはずです。しかし、飲み水には適さず、トイレや洗車などの「中水道」にしか使用できない現実を考える必要があります。大気中に放出された有害物質が溶け込み、汚染されてしまったのです。

河川の汚染  
 日本では、ほんの30~40年ほど前は、多くの川で泳ぐことができました。魚の種類も今よりずっと多く、特にきれいな水にしか棲まないアユもたくさんいました。そして、カエル、カニ、カメ、ホタル、シジミ・・・・、一世代、二世代前の人たちは、いろんな生き物に触れることができたのです。
 当時も家庭からの排水が川に流れ込んでいましたが、まだ量が少なかったため自然の働きで回復していました。「三尺流れて水清し」、「すべてを水に流す」という言葉が生まれたのも、人間の活動が自浄作用の範囲内で行われていたからでしょう。
 ところが高度経済成長時代に入り、大量生産・大量消費があたりまえとされるようになりました。この社会は、大量廃棄を前提にして成り立っています。その結果、大量の廃棄物が、煙として、スクラップとして、また汚水として排出されました。これが公害として多くの人々を苦しめています。この公害は、最近では発展途上国にまで広がり、国境を越えた地球環境問題へと発展しているのです。

自浄作用の限界を超えた河川
 河川には大量の生活排水や産業廃水が流れ込んでいます。家庭からはトイレからの汚水と台所やお風呂からの生活排水が排出されています。トイレからの汚水は下水処理場や浄化槽で、ある程度は処理されますが、生活排水はまったく処理されずに河川にたれ流されているのです。
 実は、生活排水の方がトイレからの汚水よりも2倍以上も有機物を多く含んでいます。これが人口の極端に集中している都会の河川に大量に流れ込んでいます。もう自浄作用ではどうにもならないほど水が汚れてしまいました。最近、合併浄化槽で生活排水を下水と一緒に処理しようという動きがあるのはこのためです。

 便利に隠された身体への負担、そのための医療費の負担、自然の中の1生き物である私たち、もう1度自然に戻って生活しようではありませんか。

 ご紹介するものは、この自然に帰り、自然のもので、身近な問題を解決しようとして探したものです。外国の原料に頼らず、日本にある身近なもので、安全に暮らせるために探したものです。

★防虫剤/「ムシさんバイバイ」「ダニィーくんバイバイ」「黒アリバイバイ」
はシーズンを通して人気の商品です。
コンセプトは「ムシを殺さずに寄せ付けない」。体に害のない製品だけを提供しています。

◎気になる効果は?
天然成分=あまり効果がない…は間違い!
「バイバイシリーズ」はプロの防虫屋が長年に渡って開発した信頼のできる製品です。
例えばゴキブリやダニの場合、使用後48時間以内で98%が逃げ出します。

★洗剤/「美葉うぉっしゅ」「リカバリー」 洗濯、掃除、食器洗い…私たちは毎日の暮らしの中で、大量の洗剤を使用しています。
体に安心・安全な植物成分のみで製造された洗剤を各種取り揃えています。
更に、生分解性が高いため川の浄化も促進でき、普段の生活で自然に環境問題へ貢献が可能です。

売上の一部を森林管理者に還元し、森のメンテナンスのお手伝いをさせていただいています。







スポンサーサイト
  1. 2016/10/10(月) 01:20:51|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老人の眼病、視力が医者、薬を使わず改善した方法とは

 私は長い間目の異常を感じていました。それまでブルーベリー
など目に効くという色々なサプリメントを試してみました。でも、言わ
れるような効き目はなく半分諦めていました。目薬も色々試してみ
ました。目薬で良く効いたのはロートV11でした。そして、最近目の
調子も良くなり、その効き目になっているのが目薬の木茶です。

 その歴史も古い、日本固有種メグスリノキ、自然に宿る力を見い
出し、生かす知恵を育んできた私たち日本人。室町-戦国の時代
から体に良いことが経験的に知られ、日本にしか自生しないカエ
デ属の貴重な木として利用されてきた[メグスリノキ]もそのひとつ
でした。目薬の木の名前の由来は、目薬の木の樹皮、葉を煎じて
飲んだり、眼を洗ったりして眼病に効いたのです。眼に効くから、
目薬の木と名付けられたのです。また、目薬の木の別名は、•長者
の木、•千里眼の木、•ミツバハナ、•ミツバナとも言われます。

 目薬の木とはカエデ科カエデ属、落葉樹で秋に、紅葉します。日
本にのみ、自生、標高700メートル付近にあり、高さ10メートルに
なるものもあります。
megusu5.jpg
megusu3.jpg
294675.jpg
megu3_4.jpg
 メグスリノキ(目薬の木)の主な成分は、樹皮に含まれるエピ・ロド
デンドリンといわれ、最近では葉にもカテキンなどの有効成分が
多く含まれるとのデータも明らかになっています。また、タンニンや
フラボノイドなど、若々しさをサポートする成分も含まれています。
① 葉に含まれる主な成分
   トリペノイドのβ・アミリン、ステロールのβ・シトステロール配
  糖体、フラボノールのクエルセチンやその配糖体、安息香酸誘
  導体のエラーグ酸、タンニンのゲラニインなど。
② 枝・葉に含まれる主な成分
  β・シトステロールやその配糖体、クマリン誘導体のスコポレチ
  ン、配糖体のアセロサイドI、エピ・ロトデンドリンなど。
③ 樹皮に含まれる主な成分
   トリペノイドのα・アミリン、β・シトステロールやその配糖体、
  スコポレチン、メチールヘアトマット、ロドデンドロール、アセロゲ
   ニン、カテキンやエピ・ロトデンドリンなど。

 目薬の木)の効能としては、眼、肝臓、腎臓に効く、眼に効く(タ
ンニンの作用)、目の中の、細菌の増殖を抑える、傷を回復する、•
ただれ目、流行性角結膜炎(はやり目)、ものもらいに効く、アレル
ギー性結膜炎、花粉症などの、目のかゆみに効く、目のかすみが
解消する、老眼による目のかすみにも効く、近視に効く、白内障の
進みが止まる、眼精疲労に効く、肝臓に効く(ロドデンドロールの
働き)、肝機能が高まる、解毒作用が、活発になる、B型肝炎に効
く、皮膚などが黄色くなる症状(黄疸症状)が取れる、肝機能が回
復します。ロドデンドロールのその他の効果です。ロドデンドロー
ルは、タンニンの一種で血行を良くするなど利水作用で目の周り
の水分を出し気の流れを良くします。腎臓に効く(トリテルペン、フ
ラボノイドの働き)のは利尿作用があるためです。動脈硬化も予
防します。煎じて飲むと、少し苦いのは、ロドデンドロールを含む
ためです。
 
  眼精疲労(がんせいひろう)とは、物を見ているだけで目の疲
れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状
態です。

 オフィスで一息ついてリラックスタイムに!飲み味さっぱりで注
目度上昇中です。メグスリノキはほのかな苦みと、さっぱりとした
飲み味で、仕事合間のリラックス・気分転換に好まれ、人気が高ま
っています。淡いピンクのワイン色にも、好感度上昇中です。
megu2_2.jpg

 目薬の木茶は色々な会社から発売されています。しかし、1か月
分の値段がどれほどかかるのか、とかが実際はっきりしません。
私が試した色々なものから、これは間違いないというものを紹介し
たいと思います。


ご希望の方はお名前、メールアドレスをご記入の上送信してください。




お名前:









直接メール=much-an7@eagle.ocn.ne.jp

  1. 2016/09/04(日) 13:48:01|
  2. お役立ち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。